2015年07月24日

犬の異常に早く気付くように

この2年半で2匹の愛犬を亡くしてしまいました。
13歳のチロは仕方ないとしても
10歳手まで死なせてしまったピコは残念でしかたありません。

他のワンコが、ピコのような突然の病気で命を落とさないように、
私のように、飼い主が後で後悔しないように
ここに気付いたことを記録しておきます。

まず、一番の後悔は
@早めに避妊手術をすべきでした。
 手術の機会を失ってから数年経ってしまい、今度はピコの体が小さすぎてリスクが大きいので断念。

A数か月前から、散歩の足取りが遅くなった。

B床に一滴、血が落ちていたことがある。子宮蓄膿症はおりものが出ると聞いていたがこの時点ではおりものではなかった。それから約1か月後、明らかにおりものが一滴出た。

C陰部がわずか黒ずんで少し腫れていた。(私は気付かなかったが主人が言うには)

D毛質が微妙に悪くなり、毛がよく抜けるようになった気がした。

E熱を出して抗生物質を飲んだが効かなかった。2、3日ごとに熱を出しグッタリした。

F白血球が異常に増加。でもレントゲンで子宮、肝臓、腎臓は腫れていなかった。明らかに腸が炎症を起こしていた。


すべては後の祭り。気付いたことを記録してみれば、いろんなサインが出ていたんだ。

摘出した子宮は、一部が腫れていたけど、まだ内膜症から蓄膿症に移行しつつある状態で、さほどの手遅れ感はなかった。獣医さんも期待できる言い方だった。

子宮は手遅れというほど悪くなかったのに腎不全に陥るということはあるのだろうか。もしかして、他のところが悪くなってそれから子宮に移ったということはないのだろうか?


素人考えでいろいろと思ってしまう。


でも結局、ピコは死んでしまった。

体調不良のサインは数か月前から出ていたのに。


ピコごめん。




ニックネーム まちゃみん at 10:33| Comment(0) | 今日のピコ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年07月18日

ピコ星になる

平成27年7月16日木曜日

朝5:40 ピコ永眠  9歳と8か月 体重2.2kg



IMG_1657.JPG





IMG_20150716_085319.jpg




ニックネーム まちゃみん at 20:42| Comment(0) | 今日のピコ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年07月14日

家の中を見て回る

抱っこして、家の中をぐるっと見せてやりました

ピーちゃん、勝手に二階上がってたなあ、とか

お勉強してるお姉ちゃんに抱っこしろって吠えてたなあって話しながら

IMG_20150714_153207.jpg



IMG_20150714_153159 - コピー.jpg



IMG_20150714_152402.jpg
ニックネーム まちゃみん at 17:25| Comment(0) | 今日のピコ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年07月13日

術後7日目 覚書

術後3日目ごろから痛みが和らいできたのか、動きもよくなってきた。
ご飯も食べる。でもうんちはでない。

7月11日(4日目)お見舞いにお兄ちゃん夫婦が来てくれた。

7月12日(5日目)ウンチがようやくでた!
 でも、元気が無い。ご飯食べない。

7月13日(6日目)今日もご飯を食べないし、元気が無いので病院へ行ってきた。血液検査で腎臓が悪くなっていることがわかった。クレアチニン3ほど(よく覚えてない)

7月14日(7日目)クレアチニン6.5 完全に腎不全。どんなに手を尽くしてもダメだと言われた。後、何日生きられるかわからない。帰宅してからも吐き続ける。何も食べていないのに。病院で打った注射は口からでないだろうに。水を飲みたがる。ほんの少しやっても2,3倍の量になって吐く。吐くと一段と体力を失っていく。



ニックネーム まちゃみん at 13:13| Comment(0) | 今日のピコ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年07月09日

術後3日目

子宮蓄膿症の術後2日目がこれ
トボトボ歩き始めた。

image.jpg








術後3日目
ぐっと元気になり始めたけど、傷口が痛いのかおしりを上げて休憩。
CJebq84UsAAx1sF.jpg





ヒメお姉ちゃんはというと、

だって、私はどっこも痛くないもん!って顔。
IMG_1631.JPG







ニックネーム まちゃみん at 22:18| Comment(0) | 今日のピコ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年07月07日

ピコ手術

ちょっと覚書

6月の初めごろ 
ピコ、普通のウンチを何度かし、お腹が空っぽになったのではと思った後で、軽く下痢。その後、ガタガタ震え出しぐったりする。3日目に回復。


6月22日、
昼頃から、急にガタガタ震え出す。前回と同じように普通のウンチを3回もし、その後、軽く下痢。ぐったりして食欲なし。
6月23日、病院へ行き検査してもらう。注射後回復。
レントゲン:腫瘍見当たらず。心臓ほんの少し肥大(年相応)。子宮炎症なし。脊椎少し変形(飛び跳ねるから)。腸が明らかに炎症を起こしている。
血液検査:白血球3倍に増加。赤血球異常なし。腎臓、肝臓正常値。コレステロール少しだけ高い

*ここの病院は検査結果をくれないので、説明の大まかな内容。

6月24日、
また元気が無くなりぐったり。
6月25日、
元気回復。

7月4日、
元気なくぐったり。
動きが遅い。食事を少しとる。普通のウンチが出た後、少し柔らかいウンチが少し。

7月6日、
やっと週が明けて月曜日。朝一で病院へ。
もう一度レントゲン撮影。一番疑わしい子宮を念入りにチェックしてくれたけどレントゲンでは子宮の炎症は見当たらず。
熱39度?分(忘れた)発熱。ブルブル震えているときは熱が出てるということなんだとわかった。
心音、肺音、異常なし。
CTでもすればはっきりわかるのだがCTない。
夜中じゅう、ずっとブルブル震えて全く動かない。朝まで持たないかもしれないと思うほど。
水カブ飲みし始めた。飲んだ後で少し水を吐く。
ピコの陰部におしっこがじわっと漏れ出る感じでしずくがついている。そしてうっすら血。でもおしっこは血尿ではない。

白血球が多いのに抗生物質が全く効いていないということはどういうことだ?

7月7日、
朝、とうとう陰部から膿が出始めた。これは明らかに子宮の病気。
レントゲンに写らなかったのはなぜだ?

子宮摘出手術
体が小さい上、弱っているのでリスクが高い。でもこのまま放置すると確実に死んでしまうので覚悟を決めて手術。







ニックネーム まちゃみん at 11:22| Comment(0) | 今日のピコ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする