2016年08月17日

イギリス一長寿のヨーキーが!


犬種別の平均寿命でみると
チワワ14歳、ヨーキー13歳、ラブが9歳、セントバーナード7歳、たった7年でお別れしないといけないのかあ〜
最初から平均寿命が7歳だとわかってると、とてもセントバーナード飼う気になれんわ〜。


UK's oldest dog savaged to death in Hartlepool


イギリス一の長寿犬ヨーキーのジャック君25歳。おじいさんにすごくかわいがられていた。誰もがジャック君は穏やかな最期を迎えるだろうと信じていた。
なのに、ある朝のこと、家の近くのマリーナでおじいさんがジャックを車から降ろしリードを付けているときにレイクランドテリアが突然襲って来たそうだ。



ニックネーム ピコのママ at 23:36| Comment(0) | 犬のニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

チロの家系図加筆しました

チロとココの5娘のうち、生きているのは我が家の媛(ヒメ)だけとなりました。
さくらちゃんが11歳のお誕生日を迎えて3日目に突然死、
その次の日に、きゅうちゃんが猟犬に襲われて不慮の死をとげ、
その6日後に、花ちゃんが肺水腫を起こし病死、
年明けて1月にひなちゃんが同じく肺水腫で病死、
4匹が11歳で亡くなったことになります。

チロの血を引く子供たちはこれ以上増えることはないので、後は亡くなっていくのを記録するだけ。ホント、気力なくしますわ〜。



残る1匹ヒメ。現在12歳と6か月になります。
今日も動物病院で心臓のお薬をもらってきました。
そのとき先生にヒメの姉妹が11歳で亡くなった話をしたら
「そうですね、だいたい10歳から12歳ぐらいが多いですね」とおっしゃってました。


816020kakeizu20061.jpg


犬種別平均寿命









ニックネーム ピコのママ at 23:08| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月18日

ヒメオデッセイ



ヒメオデッセイ


70億人が-wanko-を待っている。 - コピー.png


ここで作ってみました。
www.bringhimhome.com
ニックネーム ピコのママ at 23:46| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年11月06日

家系図に悲しい加筆しました

左のプロフィール欄にある黄色い「チロの家の家系図」に
新たに5ワンズの没日を書き足しました。


チロ 2014年1月29日没 13歳 

豆太 2015年6月22日没 12歳8か月

ピコ 2015年7月16日没 9歳8か月

そら 2015年10月没 8歳11か月

さくら 2015年11月5日没 11歳



昨晩、さくらちゃんのママから連絡が入り、
仕事から帰宅すると、ゲージの中で亡くなっていたそうです。
お別れをしてきました。
母親のココに一番似ていた子かもしれません。
小さな目がクリっとしたすごく小さいかわいい子でした。

さくらちゃんが亡くなる数週間前には、他の家にもらわれていったさくらちゃんの子供そらちゃんが階段から落ちて不慮の死を遂げていたそうです。


残念ですが、いつか別れがくるもの。どの子もかわいがられ、みんなに見送ってもらえて幸せな人生でした。







ニックネーム ピコのママ at 12:19| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年08月03日

ヘルニアの術後

無事、手術終了しました。



IMG_1705.JPG


IMG_1703.JPG


IMG_1686.JPG


IMG_1708.JPG

ピコは子宮摘出手術でしたが、ヒメは破れた腹膜を縫うだけの手術(?)だからか、術後も元気に見えます。

早速、ソファに飛び乗りジャンプするのでヒヤヒヤ

縫い目痛くないのかなあ??






ニックネーム ピコのママ at 23:02| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年08月02日

ヒメ ヘルニアになる

ヒメですが
ピコが亡くなってから、一人っ子になってしまいました。

見ようによっては寂しそうに見えます。


IMG_1375.JPG


この子、ちょうど1年ほど前からおへそのあたりにポコンと突起物あり。

先生に診てもらったら、押してもへっ込まないな〜
もしも大きくなるようなら連れてきてください、ということでした。
その時の状態がこれ(2014.7.4)

2014.7.4ヒメヘルニア2.JPG



2014.7.4ヒメヘルニア1.JPG



昨晩は近所の大きな公園で花火大会でありまして、暗闇の中、ヒメ抱っこして打ち上げ花火を見に行ってきました。
ずっと抱っこしていると、何か手に当たる不思議なものが!
つかめる!!

ぎゃっ〜っと思い家へ帰りヘルニアチェック。

大きくなってる。そういえば朝のウンチが細くなってたし。


1年後のヘルニア(2015.8.2)


2015.8.2ヒメヘルニア2.JPG






2015.8.2ヒメヘルニア1.JPG

指でつかんでも余りかえる大きさ。
明らかに腸が細い穴からひん曲がって出てきてますっという感触


そういえば、主人が2、3日前から大きくなってるぞ〜、大丈夫か〜
って言ってました。
毎月チェック受けてるから大丈夫ってこたえてました。

毎度大丈夫でも、病気はある日、突然来るのですね〜
ピコの時もピコの異変に一番に気が付いたのは主人でしたし。
それをちゃんと真剣に聞いてないのが私だなあと、ピコの時に大反省したとこなのに

ヒメのヘルニアで一晩眠れぬ夜を過ごしました
朝、日曜日だけどお医者さんに電話して症状を説明したら、すぐ連れてきてくださいと言ってくれて

飛び出ているのはおそらく小腸でしょうということです。
今日は先生は大事な〇〇があるので、お出かけするので、明日朝一番に手術することになりました。
また経過報告します!

ピコが術後すぐに死んでしまったので、怖いです。


ニックネーム ピコのママ at 10:08| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年07月24日

犬の異常に早く気付くように

この2年半で2匹の愛犬を亡くしてしまいました。
13歳のチロは仕方ないとしても
10歳手まで死なせてしまったピコは残念でしかたありません。

他のワンコが、ピコのような突然の病気で命を落とさないように、
私のように、飼い主が後で後悔しないように
ここに気付いたことを記録しておきます。

まず、一番の後悔は
@早めに避妊手術をすべきでした。
 手術の機会を失ってから数年経ってしまい、今度はピコの体が小さすぎてリスクが大きいので断念。

A数か月前から、散歩の足取りが遅くなった。

B床に一滴、血が落ちていたことがある。子宮蓄膿症はおりものが出ると聞いていたがこの時点ではおりものではなかった。それから約1か月後、明らかにおりものが一滴出た。

C陰部がわずか黒ずんで少し腫れていた。(私は気付かなかったが主人が言うには)

D毛質が微妙に悪くなり、毛がよく抜けるようになった気がした。

E熱を出して抗生物質を飲んだが効かなかった。2、3日ごとに熱を出しグッタリした。

F白血球が異常に増加。でもレントゲンで子宮、肝臓、腎臓は腫れていなかった。明らかに腸が炎症を起こしていた。


すべては後の祭り。気付いたことを記録してみれば、いろんなサインが出ていたんだ。

摘出した子宮は、一部が腫れていたけど、まだ内膜症から蓄膿症に移行しつつある状態で、さほどの手遅れ感はなかった。獣医さんも期待できる言い方だった。

子宮は手遅れというほど悪くなかったのに腎不全に陥るということはあるのだろうか。もしかして、他のところが悪くなってそれから子宮に移ったということはないのだろうか?


素人考えでいろいろと思ってしまう。


でも結局、ピコは死んでしまった。

体調不良のサインは数か月前から出ていたのに。


ピコごめん。




ニックネーム ピコのママ at 10:33| Comment(0) | 今日のピコ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする